釣り

アブアンバサダー2500cで渓流釣り!トラウト仕様のカスタム方法!

投稿日:2018年9月22日 更新日:

アブアンバサダー2500Cで渓流釣り!

アンバサダー2500cでの渓流釣りについて紹介して行きたいと思います。

とは言いつつ、僕は2600cをメインで使っているのでそちらで紹介しますね。

2600cは意外とマイナーな機種のようですね。

発売されたのは1997年ですね。その後2600cエリートという最初から少しチューンされているモデルも出ていますね!

どちらもなかなか高値で取引されていて、今後も価格は高騰することが予想されますね。

サムバーの有無を除いたら2500cとほとんど同じなので、カスタムの参考にしていただければと思います。

スポンサードリンク

渓流でベイト?なぜスピニングを使わない?

かっこいいから!!!

この一言に尽きます。渓流でベイトではなく、丸型アブ限定ですね。

僕の場合は。

ベイトフィネスが流行っていて、ベイトを使うメリットがあるのはわかりますが、渓流ではあまりないと思います。

投げるルアーは3〜5gでかなり軽量なので、丸型アブを使うならカスタムしないと投げれません。

さらに、直アップに投げるならギア比が高くないとハンドル一回転あたりの巻き取り量が少なくてルアーが動かないですよね。

 

どちらともスピニングを使えば一発で解決できる問題です。

しかし、丸型アブを使うからかっこいいのです。これでやるから意味があると思っています!

カルカッタBFSを使ったら快適なのかもしれません。

それは重々承知しています。

本体とカスタムでステラが買える値段になっているので( ´ ▽ ` )

これぞ、大人の嗜みですよ。

釣りはあくまで遊びですよ?

快適とか利便性だけ追求するものではないんじゃないかと思います。

仕事じゃないんですから。

まあ自己満足の世界ですので・・・

2600cの渓流・トラウト仕様のカスタム内容

 

アベイル

・シャロースプール2520:(9200円)

・マグネットブレーキ1520:(2860円)

・軽量化コグホイール:(3050円)

・ハイスピードギア:(5910円)

・ULレベルワインダー:(3600円)

・ピニオンブッシングBBキット:(2000円)


ヘッジホッグスタジオ

・セラミックベアリング:(3500円)


バレーヒル
・B-trap レベルライン:(1600円)

合計で約32000円です。

かなりの金額がかかっていますね。

パーツごとに説明させていただきますね。

スポンサードリンク

アブアンバサダー2600c・アベイルパーツ

シャロースプール2520

これが渓流をやるためのチューンの最重要パーツですね

スプールが軽量化されて、糸巻き量もかなり少ないので軽量ルアーが扱いやすくなります。

僕は画像のような組み方をしています。

スプールシャフトに直付けでベアリングをEリングでとめています。

もう定番のチューンですよね!

 

これによって最初についている黒いプラスチックパーツを外すことが可能になります。

このパーツが摩擦抵抗になっているということです。

マグネットブレーキ1520

軽量スプールを組み込んだ後にはマグネットブレーキを入れるとさらにキャストしやすくなります。

トラウトルアーは何せ軽量ですからキャストがしにくいです。

バックラッシュ防止のために導入することをオススメします!

ULレベルワインダー

純正の重量が6gに対して1,9gと約3分の1の重量になり軽量化できます。

レベルワインダーは飛距離に直結しているでしょうね。

流石にここの軽量化は実感できるものではない気がしますが、浸炭処理によってPEラインの使用にも適しているということらしいです。

渓流ではかなり細いPEを使うので変えておいて損はないと思います。

 

軽量化コグホイール

パーツナンバー5152の互換品で様々なメーカーから出ているパーツですね。

肉抜きして軽量化し、2ベアリング追加してあります。

これでかなり回転は良くなります。

最初の段階のベアリングを脱脂してから使うとさらにいいですね。

回転が飛躍的に良くなりますよ!

付属のワッシャー二枚は上下に挟んで使用してください。

ピニオンブッシングBBキット

このパーツを組み込むことによってクラッチを切りやすくなりますよ!

2500cはいまいちクラッチのキレが悪いということが多々あると思いますが、大分改善されるのではないかと思います。

バネが純正より柔らかいですね。これで均等に力が加わるということだと思います。

さらに、ベアリングが内蔵されているので、リトリーブ時の抵抗を減らし巻き心地が滑らかになります。

スポンサードリンク

ハイギアキット

渓流釣りに2500cを使用するならば絶対に導入するべきものです!

渓流釣りでの直アップやクロスにキャストしたことがある方ならわかると思いますが、巻き取りに苦労しますよね。

2500cだと相当に早巻きしないとルアーがアクションしませんね。

このハイギアキットにすることでギア比が1:6.0になります!

ハンドル1回転あたりの巻き取り量が56cmになります。

渓流のアップにギリギリですが対応できます。

 

どれからカスタムするべき?

とりあえずすぐに渓流で使えるようにするならば、

 

・シャロースプール

・マグネットブレーキ

・ハイギアキット

 

の3つは必要だと思います。

3つで2万ほどですね。

現時点で2500cを使っているあなたにとっては高くない金額なのではないですか?

かなりこだわって使われている方だと思うので。

渓流釣りの必需品である偏光グラス (サイトマスター )についてはこちらへ↓

アブアンバサダー2500cで渓流り!トラウト仕様のカスタム方法!

 

アブアンバサダー2500cで渓流のまとめ

いかがだったでしょうか?

簡単にではありますが、2500cを渓流に使用するためのカスタムをまとめました。

カスタムにはかなりの金額がかかってしまいますが、丸型アブは一生物なので十分その価値はありますよ。断言できます!

今年のシーズンは終了間近ですので、来年に向けてカスタムしてみてはいかがでしょうか?

5500cのカスタムはこちらへ↓

アブアンバサダーの種類】2500Cと5500Cのカスタムを評価!(

最後までご覧いただきありがとうございました。

スポンサードリンク

-釣り

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連記事

カーディナル3

カーディナル3・33の復刻との違いは?カスタムパーツは何がいい?

目次1 カーディナル3&33とは?2 カーディナル3が人気の理由は?2.1 ・フェザーリングがしやすい2.2 ・分解メンテナンスがしやすい3 カーディナル3のオリジナルと復刻の違いは?4 カーディナル …

ラパラ カウントダウン

ラパラのルアーカウントダウン(CD7・CD9)のカラーや使い方は?

目次1 ラパラとは???2 ラパラ・ルアーカウントダウン(CD7・CD9)の特徴は?3 ラパラ・カウントダウンのスペック4 ラパラ・カウントダウンの対象魚は?5 ラパラ・カウントダウンのおすすめカラー …

【アブアンバサダーの種類】2500Cと5500Cのカスタムを評価!

目次1 アンバサダー2500cと5600c(赤ベロ)&5500ST2 アブアンバサダーの魅力は?3 アブアンバサダーの種類は?4 アブアンバサダー2500C&5600Cのカスタム4.1 ハネクラのチタ …

ボガグリップ買うなら15lbか30lb?コードやホルダー、メンテナンス方法は?

目次1 ボガグリップとは?2 ボガグリップの特徴は?3 ボガグリップのラインナップは?4 ボガグリップのおすすめサイズは15lb?30lb?5 ボガグリップのコードやホルダーでおすすめは?6 ボガグリ …

サイトマスター(偏光サングラス)のレンズカラーは?セブンツーのインプレ!

目次1 サイトマスター(偏光サングラス)とは?2 サイトマスターの特徴3 おすすめのレンズカラーは?4 4カーブや6カーブなどのカーブって?5 サイトマスターの価格6 どうやって使い分けているのか?7 …

プロフィール

こんにちは!

毎日が楽しめるように、興味深いことや需要のありそうな事柄をピックアップして発信していきます。

見ていただいた方に楽しんでいただけたら嬉しいです(´∀`*)

詳しいプロフィールはこちら⇒

AMGの自己紹介・プロフィール!